« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月19日 (金)

特撮がなくなる日。

先日気になるニュースを見ました。

ウルトラマンこれからはCGで…ミニチュアは古い

あまり大きくは報道されていなかったようですが。
(某ボクサーの所為ですかね?)

うーん。。
まあ、映画関係などであまり調子の良い話は聞きませんが、
特に特撮の映画はここ何年か冬の時代だったことは確かなようです。

とは言え、映像製作会社に買収とは。

僕はそれほど特撮マニアではありませんが、どうにもこのコメントが許せない。

『(ミニチュアの)ちゃちさがいいんだよね』というのはオタク。あまりに少数の人たちの異常な愛着にこだわってはいけない」

『CG合成の方が、よりリアルなものが安価でできる。』

なんと夢のないコメントか。

会社経営といった現実問題の前ではきれい事は意味がないのはわかっています。
だから、安くて人気のあるものにシフトすることを考えるのはわかります。

ですが、それは間違っていると思うのです。
目先の利益に目がくらみ本当の自分を見失っているように思えるのです。

なぜ、今まで築いてきた円谷のプライドを捨ててしまうのでしょうか?
CGにシフトしたってその世界ではすでにピクサーやワーナーががんばっています。

なによりも、特撮という円谷が育ててきた文化をないがしろにする考えには賛成できません。

その昔、スピルバーグが初めてゴジラを見たときに、本当の出来事と思ってしまったエピソードは有名です。
それほど特撮には人の心を動かせる力があったはずなのです。

確かにCGという技術ができて特撮は古いものになってしまったのかもしれません。

ですが、CGは今、技術の進歩が行き詰っているように思えるのです。また、特撮のようなアナログな技術が注目されるかもしれません。

今後、円谷ブランドがどうなっていくかはよくわかりませんが、円谷には新しい特撮をもっともっと追及してほしかったです。

それは決してCGという道ではなかったはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

眠れないときには。

眠れないときには。
なかなか寝つけないのでストックしてあったこんなものを作り始めてみたりして。こんな夜中にプラモって。。
最近ニッパー握ってなかったから禁断症状かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »