2008年4月19日 (土)

○○○○←アウディ。

楽しいですねーこの電球みたいなアウディ。

Image00810

もちろんコンセプトモデルですが、セグウェイができるんだから技術的にはできそうですね。
もうクルマとは違う新しい乗り物でしょう。

Image0108
Image0098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

1日遅れの。

5903

相方が一日遅れのバレンタインチョコをくれました。

少し前に二人で買い物をしているときに、この器を見て僕が「欲しいなぁー」と言っていたのを覚えていたらしく。

後日、買いに行ったら運悪く在庫が2つなくって、お取り寄せに時間がかかり一日遅れになったそう。

ちなみに中身はババロア(にチョコをふりかけたもの)です。
こんな大量のババロアを食べたのは初めてでした(しかも深夜2時に)

しかし、よく覚えていてくれたもんです。
ありがたいですね。

1ヶ月後が大変だなぁ・・なんて。

今年もらえた唯一にして最高のチョコでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

鉄人対鉄人の結末。

今回はプラモデルの話でなく。

「ものづくり」についてちょっと考えさせられてしまうお話。

まずはこちらのブログをご覧いただきたい。
隅々まで読んでいただくと今回のお話はとてもよく解っていただけると思います。

なんでも作るよ。
※勝手にリンクを貼らしていただきました。問題がありましたらご連絡ください。

ご存知の方も多いと思いますが、鉄で実物大のスコープドックを作ってしまった方です。
今度は鉄で鉄人28号を作るというプロジェクトが進んでいました。

秋ごろのブログでは頭部分はおおよそできていて、そうとう凄いことになりそうでとても楽しみにしていました。

が、その件についてしばらくブログでも触れられない状態が続いていたのですが、、

突然、大人の事情とやらで中止になってしまった。

うーんと、ここからは直接ブログを読んでもらった方が誤解がないと思うのですが。

どうやら別の鉄人プロジェクトが関係していたとかいないとか。
ブログを読むと直接は関係ないような記事がありますが、どうも版権問題が絡んでいる様子。

現在の世の中ではキャラクターなどのすでにあるもの(オリジナルではないもの)をモトに何かを作る場合「版権」という権利問題がついてきます。

当然、版権というのは問題ではなく、とても大切なもので作者の守られるべき権利なのですが、それを利用してお金儲けしか考えていない大人がいるのも現実です。

(厳密に考えると、ガンプラを作ってオークションで売るのも問題があると思うのですが。。)

ましてや今回はその作者がすでに亡くなられているのがまたなんとも。

コトの真相はいまだよくわかりませんので、誰が悪いとか言えませんが、そういうことではなく、今後もこういったドロドロした話がありそうでなりません。と、いうこと。

ぜひ、このお話を知っていただいて色々と考えていただけたらなと。
もしかしたらいつか自分にも関係ある話になるかな?ならないかな?

正直、あのスコープドックを見せられて、今回の鉄人に期待せずにはいられなかったのでとにかく残念でして。

結果からするともう終わった事なので、この件についてはもう触れない方がよかったのかもしれません。

しかしながら、個人的に黙ってはいられないですよ。倉田さん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

プラモヲツクリタイヨ。

G

なんだか最近めっきりプラモに使える時間が作れなくて、、
そろそろザブングルの再販も近づいてきてまとめ買いしたいしな。。

うーん。。仕事も忙しいんですが、家族?サービスをしないともっと大変なことになるのでして。

いかんいかん。睡眠時間を減らしてでもプラモを作るんだ!
(でも最近は年の所為か2時過ぎると寝ちゃうんだけどね。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

特撮がなくなる日。

先日気になるニュースを見ました。

ウルトラマンこれからはCGで…ミニチュアは古い

あまり大きくは報道されていなかったようですが。
(某ボクサーの所為ですかね?)

うーん。。
まあ、映画関係などであまり調子の良い話は聞きませんが、
特に特撮の映画はここ何年か冬の時代だったことは確かなようです。

とは言え、映像製作会社に買収とは。

僕はそれほど特撮マニアではありませんが、どうにもこのコメントが許せない。

『(ミニチュアの)ちゃちさがいいんだよね』というのはオタク。あまりに少数の人たちの異常な愛着にこだわってはいけない」

『CG合成の方が、よりリアルなものが安価でできる。』

なんと夢のないコメントか。

会社経営といった現実問題の前ではきれい事は意味がないのはわかっています。
だから、安くて人気のあるものにシフトすることを考えるのはわかります。

ですが、それは間違っていると思うのです。
目先の利益に目がくらみ本当の自分を見失っているように思えるのです。

なぜ、今まで築いてきた円谷のプライドを捨ててしまうのでしょうか?
CGにシフトしたってその世界ではすでにピクサーやワーナーががんばっています。

なによりも、特撮という円谷が育ててきた文化をないがしろにする考えには賛成できません。

その昔、スピルバーグが初めてゴジラを見たときに、本当の出来事と思ってしまったエピソードは有名です。
それほど特撮には人の心を動かせる力があったはずなのです。

確かにCGという技術ができて特撮は古いものになってしまったのかもしれません。

ですが、CGは今、技術の進歩が行き詰っているように思えるのです。また、特撮のようなアナログな技術が注目されるかもしれません。

今後、円谷ブランドがどうなっていくかはよくわかりませんが、円谷には新しい特撮をもっともっと追及してほしかったです。

それは決してCGという道ではなかったはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

夏は終わってしまうのか?

Jimuni00

いやー。

すっかりお盆休みを満喫しまして。

信州まで行って花火や、キャンプなど。
絵に描いたような夏休みでした。
こんな子供みたいな夏休みももう最後だろうな。。

今日から仕事だったのですがすっかり盆ボケ。

休み中はずっと天気が良かったので、久しぶりに愛車の幌をはずして山道を走ってみるとなんと気持ちいいことか。
恥ずかしさも忘れて、街中もすっかりその気で走ってました。

もうすぐ17万キロのこの子ととも、あとどれだけの夏をすごせるのでしょうか。

お互いがんばろうぜ。


って、いうかこの休みは家でまったりプラモ漬けの予定だったのですが。

早くターンエーを作ってあげないと。

つか!WAVEマーシーネンの新作ってなんだ!
えー、マックスファクトリーまで。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

著作権?これはダメでしょ。。

さっきYahoo!を見ていたらこんなバナーがありました。
3
これ、どうなんですかね。。

この部分↓
3_2

モロにタ○ヤですよね。
個人的には全然ダメだと思うのですが!
まさかあの★☆マークを知らないとは言わせないですよ。
※もし知らない方はコチラ

そもそも、バナーにも著作権があるのか?とか、こういったブログでこの画像を貼り付けていいのかもわかりませんが。。
僕も専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが、このそれっぽい画像はなんとも。

これでは最近騒がれている、著作権無視のどこかの国と一緒。
馬をシマウマに塗ってしまうような世の中にはなってほしくはないです。

とにかく残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 7日 (土)

イエローキャブ生誕100周年。

今日はプラモデルではなく、イエローキャブのお話。

こんな素敵なイエローキャブを見つけました。

Standardtaxi_550x319

イエローキャブ誕生100周年イベント「Taxi 07 Exhibit」のコンセプトモデルだそうです。

Design Trust for Public Space 「Taxi 07 Exhibit」

相当いい感じじゃないですか?
最初見たときはブロックでできたおもちゃかと思いました。
この箱っぽさがとても良いです。
僕はNYに行ったことはありませんがNYの街をこれが走ってると相当かっこいいと思うのです。

そしてこんなに便利。

Standard02

天然ガスを燃料としているそうで環境にも良いそうです。

日本のタクシーももうちょっと。なぁ。。
まずはドライバーのマナーを良くして欲しいです。

詳細はこちら→CNET Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

プラモが趣味で、趣味がプラモで。

Top_2

「ボックスアート プラモデルパッケージ原画と戦後の日本文化」
2007年4月7日(土)~5月20日(日)
静岡県立美術館で開催です。
名古屋にもぜひ来て欲しいです。。

今日はプラモデルについて少し。

僕がこのブログをはじめた理由のひとつに、
「もっとみんなにプラモデルの面白さをわかってもらいたい」
という野望があったりします。

別にえらそうに全世界プラモデル普及を目指してなんてはいませんが、もう少し普通に趣味としてプラモデルを楽しんでもらいたいと思うのです。

スケボーを楽しむ若い男の子やファッションが好きな女の子。ヨン様が好きなお母さんや、ゴルフが大好きなお父さんまで。
究極はエビちゃんの趣味に選ばれることですかね(笑)

いま、趣味としてプラモデルを楽しんでいる人は日本にどれぐらいいるのでしょうか?10人に1人?100人に1人?いや、1000人に1人ぐらいかもしれません。もっと少ないかな。
ちなみに僕の周りでは一度もプラモデルを作ったことがない人もたくさんいます。デカール?ランナー?バリ?そんな感じ。

そもそもプラモデルが欲しいと思わなければプラモデルを買わないので、趣味としてプラモデルを選ぶには何かしらきっかけが必要でありまして。
たとえば、、

・クルマやバイクが大好きな人で自分の愛車のプラモデルが欲しい。
・戦争に興味があって戦車や戦闘機に魅了を感じる。
・お城を部屋に飾りたい。
・バスが好き。
・ガンダムに代表されるアニメや漫画のキャラクターのフィギアが欲しい。
とか、とか。
うーん。。きっかけとしてすごい狭い気がしますね。そして圧倒的に男子よりです。

ここ何年かのプラモデル業界はキャラクター部門(主にガンダム)が人気で多くの商品が発売されています。
その傾向からか、プラモデル=オタク文化として捉えられる方も少なくないでしょう。
確かにマニアックな知識を持つことが良しとされ、細かい決まりごとがあるような世界をつくり出すことによって、ひどく閉鎖的な状況を作り出しているように思えます。

でも、プラモデルとはそんな閉ざされた趣味の世界ではないのです。
もっと自由で好きなことができる世界だということを知って欲しいです。

別に説明書どおりに組み立てる必要もありません。
まるで工業製品のようにきれいに色を塗る必要もありません。
もっと自由に自分の世界を表現できるきっかけでしかないと僕は思うのです。

そしてもっと色んな世界とプラモデルが繋がっていければと思うのです。だから先日紹介した吉田カバンとタミヤのコラボレーションは正直に大変うれしかったのです。

子供の頃よく思ったのですが、小学校でプラモデルの授業があったらと。さすがに授業中にガンダムは難しいそうだけど。。タミヤのミニ四駆ぐらいならなんとか。
プラモデルは何かを「作る」という意識のきっかけとしてすごくいい教材だと思うのです。

もっと根本的な話をすると「作る」ことの大切さ、、みたいな話になるのですがその話はいつかまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)